本文へスキップ

電話でのお問い合わせは028-670-6900

〒321-3232 栃木県宇都宮市氷室町1785-11

健康で長生きreal estate

寝たきりにならないために

物件イメージ01

日本全国には3万ヶ所以上の温泉があると言われています
温泉はそれぞれに「
効能」を持ち、先人たちは「湯治」という方法で気になる症状を癒してきました。
蓄積した心身の不調を温泉で洗い流し、健康で長生きしましょう。

老人ホームを運営されてる方へ

物件イメージ02



症状に合う温泉とは

温泉で一番注目して欲しいのが「効能」で泉質に関係ない「一般的な効能」と泉質による「泉質別効能」に分けられます。
温泉が多く含む成分によって、泉質は大きく11種類に分類されていますが成分の濃度や比率によっても効能が変わるので何を基準に温泉を選べばいいのか・・・それは「温泉分析書」を見ていただくとわかります。
「温泉分析書」には必ず泉質が掲載されています。
簡単な説明ですが「
硫黄泉」「炭酸泉」は成分が皮膚から吸収されて血管を拡張し、老廃物の排出を促します。さらにコレステロール値を下げると言われています。
泉質に塩の文字が入っているものは「
塩類泉」。高い温熱効果があります。
PH値にも重要。7が中性で数字が大きいとアルカリ性、逆に数字が小さいと酸性が強くなります。
アルカリ性の温泉は角質や皮脂を溶かし、新陳代謝を促進するので、アトピー性皮膚炎や美肌などに効果があります
飲用すれば胃酸から胃の粘膜を保護してくれます。
酸性の場合は殺菌力に優れ、アトピーや水虫、疥癬に特に効果的です。
温泉分析書の遊離成分の欄にある「
メタケイ酸」は乳液などの化粧品にも配合されている成分で、皮膚の細胞増殖を促します。
単純温泉がうつ病に効くと言われています。単純温泉は刺激が少ないので軽視されがちですが、抵抗力が落ちた心身を癒すにはぴったりの温泉です。

閑静な住宅地の中にある住宅です。白を基調としたおしゃれな内装が特長です。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。

老人ホームを運営されてる方へ


温泉で本当に寝たきりが防げるのか?

寝たきりの原因第1位、「脳卒中」 第2位 「骨折』

入浴で体の深部体温が1度上がると、痛みを感じる神経が鈍くなり、関節や筋肉の痛みが和らぎます。
副交感神経が刺激されてリラックスし、脳波もアルファー波が出るので、筋肉の緊張もほぐれます。
関節などに痛みがあると、ふとした瞬間に踏ん張りが利かず転倒しやすくなります。

痛みのケアは、寝たきり予防に重要です。

入浴すると内蔵が刺激される。血の巡りが良くなるので、老廃物が排出され、新陳代謝が良くなります。
さらに、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質が生まれ、免疫力もアップします。
こういった効能は科学的に証明されています。寝たきりの原因第1位脳卒中につながる
高血圧症や動脈硬化症、糖尿病などの生活習慣病を緩和する効果が期待できます。

塩分を含む「塩類泉」は成分が皮膚の表面の溝で結晶化するので、体温が下がるのを防ぎ、湯冷めしにくい。
皮膚の細胞の増殖を促したりする有効成分もあります。

温泉は薬ではないので「すぐに、誰にでも、絶対効く」ものではありませんが、さまざまな慢性疾患を緩和してくれるでしょう。